Signboard13

title

看板は景観を作るので独自に規制を決めている町もあります

看板は広告塔や標識など街中に溢れております。
大きさも壁一面から立て看板までありますし、手書きまで含めると人の居るところには、必ずあるものだといえます。
観光地などを訪れる時には、あるものが無ければ恐らく目的地にたどり着くことができなくなるでしょう。
このように、街の景観の一部になってしまうため、逆に野放しにしてしまうと、街の特徴に大きな影響がでてしまいます。
全国的に同じ店舗を展開するチェーン経営などは、同じ看板を掲げて統一性を持たせるため、どこの町に行っても、街並みが同じに見えてしまうということが起きるのです。
このようなことを防ぐためにも、自治体では条例を作って独自の規制をしている町もあります。
京都市では色の選定で使用禁止のものもありますし、札幌市などでは、ある区間では使用禁止色とビル壁に掲げる大きさまで規制しています。
そのために、チャーン企業でも対応をせざるを得なくなり、何種類かを用意しております。

看板は景観破壊につながらないよう注意すべき

何かお店をやっているときには、看板の作成と掲示は必要不可欠になる問題です。
これがないと、そこにお店があるということが分からなくなってしまいます。
顧客獲得率が大幅に落ちてしまうので、成功したいなら絶対に必要になるものです。
しかも、できるだけ大きくて派手な看板であればあるほど、人の目にはつきやすくなりますし、その分顧客獲得をすることもできるようになります。
ただし、あまりにも大きくて派手なものにすると、今後は景観を破壊してしまう可能性があるという問題が浮上してきます。
この二つの問題はトレードオフの関係にありますから、どちらも両立させるということは難しいです。
適度なバランス感覚で、問題のない程度のところを自分で判断してやっていくしかないのです。
あまりにも景観破壊が著しい場合には、地域住民や自治体から注意や警告を受ける場合もあります。
京都などは景観にとても厳しい町ですから、そういったところで店舗を構える場合には、事前に自治体と相談をするのが妥当です。

check

宮古島で青の洞窟のシュノーケル体験

最終更新日:2018/5/17

『看板 景観』 最新ツイート

@guillam_bot

ロンドンの景色が悪くないのは景観規制があるからだ。看板、パラボラアンテナ、テラスやエアコンの室外機まで、景観を損ねるものは制約がある。見晴らしの良い場所からセント・ポール大聖堂が見えなくなる建築物の建設もまず許可がおりない。ここでは不便でもそれが当たり前なんだ。

51分前 - 2018年05月25日


@kunivfreedombot

「私たちが知っている、そして、数十年にわたって百万遍や東一条の景観の一部を形づくってきた立看板は、大学の敷地の境界に、外側に向けて立てられた、街の空間へと開かれたメディアである」(小山哲〈複眼時評〉「大学と街のあいだ」京都大学新聞(2018年4月16日号))

9時間前 - 2018年05月25日


@iwakami_staff

【録画配信・IWJ_KYOTO1】5月26日(土)17時から、5月23日収録の「『立て看文化を愛する市民の会』による『京都大学周辺の立て看板への行政指導と景観政策に関する京都市長宛て要望書』提出後の記者会見」を録画配信します。京都… https://t.co/IOcW4s5XD8

12時間前 - 2018年05月25日



PAGE TOP

COPYRIGHT(C)2015 Signboard13 ALL RIGHT RESERVED